400億おじさんまとめ 転売王子 by 三木高広

今この瞬間から誰でも最短で安定したお金持ちになる唯一の仕組み

国内OEM 仕入れ

射出成形の国内OEM

投稿日:

なにを製造するのがいいか検討

穴場視点

儲かりやすい製造物の穴を探す

需要視点

数が出るものを安く作る

仕事視点

案件ごとに製造の選択肢にする

 

型を安く作れる
扱う権利売る
型を作ればリーダーになる
リーダーごとに扱う権利を売れる
その下の人も金型を作ればその金型のリーダー
権利販売も可能

 

加工方法

1.ボンド
2.プリント
3.レーザー

 

素材
製品によって材料が変わる


スマホカバー

ポリカボネート
TPU
シリコン

 

弁当箱

ABS
ポリプロピレン
ポリエチレン

 

射出成形の国内OEMの流れ

型を作る
5000
30000
100000 →  150万円

↓↓↓

射出成形
素材大量

↓↓↓

プリント
日本別工場
金型インク可

↓↓↓

パッケージ

↓↓↓

組立

↓↓↓

販売

↓↓↓

追加製造
発注から6営業日で製造納品完了

 

射出成形の国内OEMの現状

射出成型についてヒアリングしてきましたので報告します。
成型工場では基本的には案件を受けてくれるとの返事をいただきました。

〇作れるものについて。
その工場では400mm×400mm以内程度の大きさの製品であれば100均で売っているプラスチック製品はすべて作れるとのことです。

もし、その工場の生産能力を超えた製品だとしても、協力工場で生産できるのでまずは相談をとのことです。

〇参考例として。
現在作っているのが電気ポットのフタを作っています。
他には釣り具店等で販売している釣り糸を巻いているボビン。
100均で売っているお弁当箱等です。

やはり、何でも作れるという回答でした。

〇製造単価の参考例として。
製品: iPhone6s用ハードカバー
材料: ポリカボネート
製造単価: 5000個生産で、45~65円 3年前の価格なので再見積もりが必要

同製品を中国から輸入した場合、激安の微妙な品質ものは送料関税込みで10~30円で入手できますが、
しっかりした品質のものは、100円弱が相場です。

この100円弱の製品を勤めている会社では150円~200円前後で卸しています。
もちろん大量に仕入れている企業などはこれに当てはまりません。

〇金型費用として
金型を国内で製造の場合 一製品あたり 90万~140万円程度のコスト 3年前の価格なので再見積もりが必要
中国で製造の場合 同じく16000元(過去に依頼したときの価格ですので参考です。)
日本への輸送費用、関税等は不明

ざっくりとはこのような内容です。

工場側も作れる製品の範囲が広すぎるので、生産可能な製品の選定に困っていました。

 

射出成形国内OEMとの相性

これと相性いいのが
ライセンスビジネスではないかとかんじます

ライセンス展など、コンテンツメーカーから、絶対当たるライセンス契約して、大量に流通に載せる

えいきょうりょくある、有名人などでもあり

品質を絶対担保しなきゃいけない、且つ、オリジナルで作る必要あるもの

それが上記かも

非常に強い製造です

また、ここに関して、より効率の良い製品はなにかという軸で深掘りしていきましょ

有名人を活用できれば可能性が広がりそうです。

ライセンス商品は魅力的です。
それが先日お話しました、刀剣乱舞の商品です。この商品は実現できませんでしたが、できれば美味しいだろうと感じていました。

ライセンスの取得コストが懸念材料ですが、その分売れる商品を提案できれば面白いと思います。

ソードアート・オンライン
5商品で200万とかだったと思います

ソードアート・オンラインはキャラデザインがいいですね。

私の妹もオタクなのですが、30才を過ぎてオタクを前面に出したグッズを持てないので
キャラなどをモチーフにして、分かる人にはわかるという商品も少なからず需要があると言っていました。

 

射出成形国内OEMはなんでも作れる

オタクに目が向いてしまいましたが、射出成型ができる物であれば
なんでもできるので”業界問わず”です。

今回の提案とは違うのですが、過去に実現できませんでしたが、私がやりたかったことは以下の通りです。

・刀剣乱舞の版権元にパイプを持っている方に案件を説明
・その方を通してライセンスを取得。
・刀剣乱舞のキャラをモチーフにしたスマホカバーをデザイン
・楽天などで販売

私ができることはこの程度のことですので、ここで私の思いつく以上のことをアドバイスいただければ嬉しいです。

3年前に中国でiPadのカーボンケースの企画しました。
他国の会社と型を共用して(その時はドイツの会社)、日本国内の販売権は当方に、ヨーロッパでの販売権は先方にあるようにする契約を結び、国内独占販売。

複数国で棲み分けするのであればその会社数で折半出来ます。

国内型代の初期投資が厳しい場合、国ごとやセグメントごと(Amazonでの販売権・楽天での販売権等やロット製造個数に対しての買取割合)で切り分けをして、折半していけば結構安くあがるかもしれません。

スケールメリットで単価も下がりますが調整は面倒ですけどね。

カーボンケースとはすごいアイテムですね。

 

 

 

 

-国内OEM 仕入れ

Copyright© 400億おじさんまとめ 転売王子 by 三木高広 , 2019 All Rights Reserved.