400億おじさんまとめ 転売王子 by 三木高広

今この瞬間から誰でも最短で安定したお金持ちになる唯一の仕組み

中国輸入

船便

投稿日:

40フィート 1200x230x230
138サイズダンボール 58x48x32
1200/58 × 230/48 × 230/32 = ダンボール560カートン
1パレット12カートン乗るので、
47(46.6)パレット
4tトラックで2段積みで20パレットまで乗るので
3(2.3)台(もう少し少なくすれば2台)
■4tトラック2台で収める場合138サイズダンボール 480カートン

20フィート 580x230x230
138サイズダンボール 58x48x32
20フィート
580/58 × 230/48 × 230/32 = ダンボール280カートン
1パレット12カートン乗るので、
24(23.3)パレット
4tトラックで2段積みで20パレットまで乗るので
2(1.1)台(もう少し少なくすれば1台)
■4tトラック1台で収める場合138サイズダンボール 240カートン

 

輸入通関料 (1申告1件につき) ¥11,800
(2欄まで1件、2欄を越える申告は4欄毎に1件)
※関税率自社計算大変
輸入通関取扱料 1件 10800

(大阪南港~尼崎市内)

倉庫横持ちショットドレー料金 40'F*1VAN 16200
倉庫デバンニング料金 40'F*1VAN 91800
倉庫保管料 1M3*1期(10日) 1620

(大阪南港~尼崎市内)
トラック配送料 4T*1台 25920

 

■ダンボール
パレットに積みやすい130サイズのダンボールを中国に導入
・現状:中国のダンボール
60㎝×41㎝×50㎝=151cm
130サイズ⇒縦33 横55 高さ34⇒61710立法CM⇒0.06171立法M⇒875個積載
40フィートは54立方m
120サイズ⇒50000cm3⇒0.05m3⇒1080個積載

パレットに載せる時に2回しで8箱。
4段で32箱置ける。

 

中国詰め込み費用 メルクリ 50000円(中国側20f:2730元+積み込み人件費200元)

中国出航 中国船会社 20f:93020円

南港到着

税関手続き 1日 メルクリ
3人 人件費 30000円(1人1万円で計算)

南港から西淀川にドレージ作業 1日 大阪運輸 22680円+31200円=53880円
検査立会い 2人 人件費 20000円(1人1万円で計算)

西淀川到着 デバンニング作業 丸正運輸 21600円

入庫出庫作業 20f(容積25m3)x400円=10800円
↓(※西淀川に20f分のパレット(20パレット))
4tトラックで配送 丸正運輸 16200円x2台=32400円

メルクリ上坂部倉庫到着

20フィート
合計311700円 (日本人件費無し合計261700円)

HSコード5分

40FT=10箱2880元×50=500箱144000元×17=2,448,000円-40万円=利益2,048,000円
20FT=10箱2880元×20=200箱57600元×17=979,200円-30万円=利益679,200円

 

■おもちゃの対象年齢表示
「対象は年齢7歳以上の子供用」
英語、中国でもいい
■材料の混率表示
1から4欄あって
プラスチックの掃除用具7種
材質、用途、で区別していく
■大型商品
■液体、武器類の商品は発送不可
■原産地表示
■意匠権

 

■プルダウン
DESCRIPTION
材質商品説明

PACKING LIST
SHIPPING MARK 1 中国
DESCRIPTION 2 日本
QTY:個数 3 日本
PKGS:箱数 4 中国
G.W:梱包重量 5 中国
N.W:商品重量 6 中国
MEAS:体積 7 中国

INVOICE
SHIPPING MARK
DESCRIPTION
QTY:個数
U/P:価格 8 日本
AMT:合計

商品説明
SHIPPING MARK
DESCRIPTION
Q`TY:個数
絵型:画像 9 日本
材質商品説明 10 日本
商品名:中国語英語

 

尾浜倉庫 延床面積730㎡÷3.3(1坪)=221坪
賃料1か月45万円÷221=2036円
■シャッターから中に入れる長さ
約8メートル
(ホイストを少し奥に移動しました)
入口からの階段の長さ3m20cm
角度は45度
入口から2階までの高さ
4m20cm
シャッターから2階の大窓までの高さ
4m40cm
天井の電気までの高さ
3m50cm
■1階
高さ340cm
■2階
高さ160cm
幅400cm
■3階
高さ230cm
550cm(人のスペース考慮している)×1130cm
550cm(人のスペース考慮している)×470cm
440cm×965cm
2部屋とキッチンはカウントしていない
■4階
1000cm×720cm
228cm×720cm
540cm×545cm
畳の部屋540cm×355cm
高さ220cm蛍光灯などを考慮して引いた

 

坪単価

上坂部 21万円÷60=3500円
尾浜 45万円÷221=2036円

 

120サイズ1080個積載
4段で32箱×51=1632個

縦52.5×横57.5×高さ40=150サイズ
4個が3段積める=12個
20FT=230箱
40FT=460箱
12箱が51あるので612箱です。

ダンボール100サイズ
幅44×奥行30×深さ22cm

パレットの入る内寸法は
幅125cm長さ115cm高さ120cm

5万円のDB&代行利用代理店拡散

FBA輸送箱MAX
580×480×470
FBA
50cm x 60cm x 50cm
コンテナラック
縦52.5×横57.5×高さ40=150サイズ
↓↓↓
縦48×横58×高さ40=146サイズ

 

■パレットは底面が1.1m×1.1m×
パレット自体の高さ+梱包する商品の高さ
直方体の容積を1パレット当たりの容積
■全てをパレット梱包して積み込む場合
20フィートで最大18から20立方メートル
40フィートで36から40立方メートル
40フィートハイキューブで40から45立方メートル
最大値からは約10立方m以上積み込める量が減少
■コンテナは20フィートが約6m
40フィートが約12mの長さ
使用できるパレット枚数にも限り
■2段積み可能な場合
20フィートの場合20枚
40フィートの場合40枚分のパレットを使用
■パレット梱包してコンテナ詰めする場合は
カートンのまま直に積む場合に比べて
積み込める量は減りますが、現地輸入者様側での
荷下ろし作業にかかる手間が少なくなる
■カートンのまま直にコンテナ詰めする際は
コンテナ容積の最大値を積み込み可能
■箱の形状が一定でない、個数が多い場合
実際の容積が書類上のものよりも増加してしまう
全て直積みの場合でも20フィートで約26立方m
40フィートで約54立方メートル程度
40フィートハイキューブで約61立方メートル程度
想定しておかれると、安全
■容積が大きいがコンテナサイズを変更したくない
一部を直積みにすることで一本のコンテナに収める
容積がぎりぎりの場合は入りきらないリスク

・ナックスコードが無いと税関に信用されず莫大な検査費用が掛かってしまう。
→ナックスコードのある乙仲業者に頼んだ方が検査費用を考えるとかなり安い。
・40フィート120サイズ1080カートン仕分けに5時間掛かる。
・南港以外は2時間しかコンテナを離れたらダメという決まりがある為、尼崎の場合は待機料が掛かってしまう。
・40フィートの場合90パレット必要
・10tで2段積みで32パレットまで乗る。10tの場合3台必要
・4tで2段積みで20パレットまで乗る。4tの場合5台必要
・南港から、トラック配送費1台2万円
・デバンニング業者に依頼した場合デバン料
1立米1500円〜1600円円
・乙仲業者に依頼した場合デバン料
1立米2200〜2600円
・僕たちの場合、コンテナ1本10万円
・ドレージが高くなる。(トラックは基本片道の運賃だかドレージは往復の料金)

・ちょっとした業界のお話
・今業界が良くなってきている為乙仲業者も毎月何本の輸入する業者では無い限り相手をしたくない。
・デバンニング業者もナックスコードが無いと相手をしたく無い。

・ベテランのお話
乙仲業者の下受けをずっと行ってきたが業界の経歴が長くなってきた為へぼい乙仲業者は取引せず、
信用のできる乙仲業者のみ相手をしている
なので、良心的な乙仲業者を紹介していただける。
物流センターが2個あるが、3個目を今作ろうとしている。

私はトラック配送料を135000円から10万に値切りました。
自分で探したら10万ぐらいであったので

 

■タイムスケジュール
入選日
出港日
3日で大阪
金曜よる
月曜につく
入港した
にわけ作業
おろして指定の場所へ
夜間にしてしまう
税関データをとばす
税関もかもうつ業者も
データを見れる
修正できる
2日間かかる
金曜に届く

帰宅約款
倉庫約款
覚書で費用
ここまでうち、ここまでこっち
コンテナおろしてまず傷とか確認
破れてたり、数の報告、外傷ないか
コンテナナンバーとシールナンバーあれば
荷主の責任なってる
黒い塗料がめっちゃついてる、白い粉なナノに
アイテムによって荷姿が変わる場合、パレットいくら
壊れやすいものはいやだ
路線会社に保険かかけるように
教えてあげないと被害がかかる
匂いの映るような商品はさけたい
5万円以上
壊れやすいもの
荷姿や、内容はどんな感じか
送ってから見積もりスタート
一立米
70cm×2+パレット=160cm
輸入パレット通常11

 

中国側と日本側は分けて考えます。
中国側はコンテナに積んで船に乗せた後船荷証券とアライバルを発行するまで
その後はアライバルを元に通関を行います
アライバルがあれば別にどこの乙仲会社に頼むのも自由
通関業務自体は乙仲に頼んだ方が楽ですが
今回はトラックの積み替えの費用がかなりかかります
また、商品数が多いことから関税の申告も費用が高い
なので頼まないで自社で行うと削れるところが沢山あります。
海源も商品数が多い場合はその部分はこちらでやってもらった方がいいと言ってます。
海源からしたら通関業務は儲からないです。
実際の利益はほとんどデバンニング等になりますのでその部分をこちらでやるのは文句はないです。
ただ、逆に言えばデバンニングの部分は自社で行った方がだいぶ安く上がります。

-中国輸入

Copyright© 400億おじさんまとめ 転売王子 by 三木高広 , 2019 All Rights Reserved.