400億おじさん

第12章:一攫千金の投機探し

 

一攫千金を狙うFXなどのトレードの良質な情報源

 

 

TRADER AKI

億超えの資金でFXをぶん回す。

 

オレ的ゲーム速報JIN

国内で最も人気のFXユーチューバー。

FX、株価指数CFD(株価指数のFX)でポジション(今かけてる価格や合計金額)やファンダメンタルズ(現在の経済状況)を公開してる。

 

さとし先輩

実況で実際のスリルが味わえる。

ニコ生配信。

 

竹内のりひろ

元大手外資系銀行のエリートが、SmartLogicFXという「今どう動けばいいか」を配信。

コピーして稼いでる人多数。

 

西原宏一

西原宏一のシンプルトレードという、こちらもコピーで稼ぐ人が多いFXメルマガ。

コロナショックでも大きな結果を出してるっぽい。

 

バカラ村

バカラ村のFXトレード日報!というコピーで稼げるメルマガ。

どちらかというと、安定より。

 

たくしあげ所長

FXエンハル

 

 

経済危機には真っ先に国主導の対策を確認

新型コロナウィルスの際の対応

→ コロナ 無利子 無担保 融資 の申し込み資料を取引銀行からもらい政策金融公庫へ提出する方法

 

どの国の経済もどこまで景気が悪化し、長引くかは、建築業界の稼働状況に依存する。

公共工事や住宅の建設など、各国が内需経済を回す最大の構成要素。

大金が動く住宅や施設が建設されると、必要な設備・家具が売れる。

だから、不景気になったら住宅の融資の緩和がある。

これもチャンスのひとつ。

あと、建築業界の人達は比較的、儲かるとお酒や夜遊び、車や高級品、嗜好品にすべて使う傾向があって貯金されない分、経済を回してくれる。

だから、建築業界の稼働に影響のあるマイナスポイントを監視すれば、これから先の経済危機を予想できる。

 

繰り返す経済危機に適切な投機を見つける

  • ITバブル崩壊:2000年
  • 911事件:2001年
  • ライブドアショック:2006年
  • リーマンショック:2008年
  • 東日本大震災:2011年
  • 新型コロナウィルス:2020年

衝撃の第一波
いきなり来る。こんなはずがないという人がたくさん。事態を軽視する。センスのない人が暴落はおかしいという。お調子者が買いを入れる。

中間上昇があって、

絶望の第二波
早く激しい。炎のように下がる。多くの人がパニックする。第一波のときに買ってきたお調子者も売り始める。センスのない人が売り始める。新聞紙上やテレビでマーケットが暴落とあおる。

もやっとした上昇があってから

諦観の第3波
いわゆる日柄調整。出来高が薄い。だらだらと下がる。胆力のない人があきらめて売る。新聞やテレビも飽きてきて、話題にもならない。ここがきつい。このときに必殺、昼寝(市場のことを見ないですごす)ができる人がもうかる。

そののうち、音もなくするすると上がってくる。

普通だったらこんな感じ。いまのところは普通どおり第二波まで来た。ここは出来高もあるので買える。でも第三波があるので、すぐにはもうからない。第三波は安いけど買えない。

投資を担保にして金を借りて、倍額の投資する

パニック時に一攫千金を得て社会起業する社長達

日本も世界もまだメディアにコントロールされるので、動きが読みやすくパニック時は一攫千金を狙いやすい。

 

なければ作ればいいし、通関できなければハンドキャリーの容量内で各国から輸入できる。

マスクは社員がベトナムから持って帰ってきた。

 

過去に似た危機に直面した国には、二束三文で大量の在庫があったりする

チェルノブイリのガイガーカウンターがまさにそうで、東日本大震災時に、僕を含む周りの若者は我先にとネットで販売していた。

当時、貿易おじさんが船便で輸入しまくって、店舗とネットに卸し、ネットの若者は有り金全部仕入れに回して1ヶ月に2千万円弱をぶん回していた。

 

また、儲け以外にもお得な領域は発生するので自粛するより、フル活用した方が人生お得です。

例えば、新型コロナウィルスなら、全世界から観光がキャンセルされ、格好地のホテルは4分の1ぐらいまで値段が下がっている。

僕は、休むまもなく普段4万円以上するホテルに数泊ずつはしごしている。

4つ星は6千円~

5つ星でも13000円~

お得情報として、普通に出張とかで月に4泊ぐらいしてる人はエクスペディアやアゴダのVIPになってると思うんで、この辺で予約すると、レイトチェックアウトや無料アップグレードがついてきて、上位ランクの部屋が開いてるので100%アップグレードされる。

 

トリバゴやトラベルコなどの横断検索系で、近畿地方・関西地域、などのくくりで検索すると意外な地域も安くなってたりする。

 

現物のデリバリーを受けることができるトレーダーなら、最後の最後まで粘ることができる。たとえば今日、空の石油タンクをルイジアナに所有しているトレーダーが居たとすれば……その人は$1.50でWTIを仕込めるから、クソ、クソ、クソ、クソ、クソ、ぼろ儲けできる!!!!!

 

経済危機時の流れ:先物・為替

  1. 先物取引や為替が真っ先に動き始めるので「金」などを見て大衆の考えを掴む
  2. 取引所が動いてる国の動向を見る
  3. 逆張りで儲ける

 

経済危機時の流れ:株式

  1. 株式市場全体が下がる
  2. 全体の回復(PL・BSが安心の銘柄から)が始まっても直接的な業種と、それに関わる業種(採用縮小で人材業界、株式低迷で金融業界、固定費カットで不動産業界などが主)は回復しない
  3. スタートアップ(将来期待で時価総額高い銘柄)、赤字の銘柄は回復遅れる
  4. 投資が減るので未上場企業の価値は下がり、資金調達できなくなる
  5. 2年~3年で元に戻る
  6. 3年~5年の間にバブルが始まる

 

 

iDeCo、積立NISA始めたいと考えている人、タイミングは今です!大急ぎで始めて!

今回の不況は1930年代のようにはなりません。金利政策がぜんぜん違うから。リーマンショックの時とも違います。こと資産価格(=株のこと)に関する限り、今回のほうがダメージは軽微。モタモタしていると、取り残されます!

リーマンショックの際、繰り出された景気刺激策は7870億ドルでした。今回はこれまでに3.3兆ドル、つまり4倍。そして近日中にあと3.5兆ドルの第2弾追加景気支援策が出ます。つまりリーマンのときの8~9倍の実弾が投入されるわけ。

これとは「別」にFRBも量的緩和政策でどんどん債券などを買入れています。FRBのバランスシートは7兆ドルに膨れ上がっている。これで株が下がるわけない。

パウエル議長はホントに低所得者層の境遇に心を痛めています。とりわけ長期に失業状態が続くと労働者のスキルが失われ、「永久に再就職不可能」になることを憂慮しています。だから是が非でも景気をヨイショして労働市場に活を入れることを目論んでいる。

その場合、日本に居る我々は何をしないといけない?
→アグレッシブに緩和しているということは株がどんどん騰がり格差がどんどん拡大することを意味します。給与所得は伸びないのに不労所得だけがどんどん伸びる。早く「資産を持っている側」に回らないと、しみったれた未来しか残ってない。

ある意味、MMT(現代マネタリー理論)は既に現実のものとなっています。いや、それどころか赫々たる戦果を既にもたらしている。みんなが形而上学的な議論を戦わせている間に、議会やFRBはサッサとMMTを実行に移してしまった!

 

政策金利? とうぶん上がるワケ、ないでしょう?
下は失業保険を新たに申請した人の数。2020年を見て!
不幸、不幸、不幸、不幸、不幸、不幸が世の中に溢れている!
じっちゃま
こんなときに利上げなどした日にゃ、1930年代の大恐慌が再来してしまう……だからとうぶん利上げはナシ! それはつまり銀行預金している奴は世の中の動きに鈍感な情弱を意味する。
いまアメリカでは個人投資家が少額から株トレードできるロビンフッドというアプリが大ブレイクしています。
でもこれは生活防衛のためのブームなのであって、脂ぎったゼニの亡者たちのブームじゃない!
ある種の悲哀、悲壮感をともなったブームだ。
その含蓄に、きみらも震撼しろ!
未来は、暗い。
だれもキミを守ってくれない。
国もアテにならない。(いや、国はiDeCoやりなはれ!と言っているw)
つまりディストピア的株式ブームだ。
株を買う資金がない?
アメリカ株なら1株から買えます。たとえばハーモニー(HMY)は6ドル42¢だから687円也。
日本株は単元株制度というクソなルールが株式投資の敷居を高くしています。日本の証券界は、猛反省すべし!
ま、どのみち日本株にはゾンビみたいなヨボヨボの会社しかないけどね。
俺が買いたいのは、しゃぶりつきたくなるような、ピチピチしたクネクネ株や!おどけた顔

 

 

 

仮想通貨FX

レバレッジは15倍

証拠金維持率が200%わるような枚数にしない

理想は500%~1000%

 

指値 ←基本

成行

特殊はストップだけ使う

マイナス限界で手仕舞う

 

先に指値を入れておいて、建玉に入ってから、ストップの注文入れておく

指値がおすすめ

価格乖離が5%以上になるとSFDがかかる

SFD比率0%以上は取引しない

上がっていたとしても売り圧力が増えて下がりやすい

 

未注文→注文

約定→建玉 確定したけど決済終わってない

注文してから忘れないように

 

赤は下げ、青は上げ

細い線ひげは長さで反発

 

FXのチャートソフト

MetaTrader(MT4)

水平線、トレンドライン、図形といった描画アイテム、フィボナッチリトレースメント

特定の価格へ達したら知らせてくれるアラーム機能

 

トレーディングビュー

FX通貨ペア、国内外の個別株や株式指数、経済指数、貴金属や原油などのコモディティ、仮想通貨、各国の国債金利

水平線、トレンドライン、図形といった描画アイテム、フィボナッチリトレースメント

ピッチフォーク、チャネル、エリオット波動、フィボナッチタイムゾーン、多種多彩なアイコン素材、ハーモニックパターン

チャート上に今後の経済イベントを表示、価格帯別の出来高(有料)を表示

特定の価格へ達したら知らせてくれるアラーム機能、「この水平線にタッチしたら」「ボリンジャーバンドの2σラインにタッチしたら」「20期間移動平均線を下回ったら」など細かく指定

通知をスマホのSMSで通知

世界中のトレーダーたちとトレードアイディアを共有

 

取引所はBitMEX一択

追加証拠金制度なし(入金したお金以上に損しない)

Bitcoinレバレッジ100倍(1.2.3.5.10.25.50.100)までOK!国内4倍。

世界一利用者多い仮想通貨取引所。

 

BitMEX FXシュミレーション

ビットコイン1ビットを指値でレバレッジかけずに55万円で買う

指値利益:0.025%プラス → 137円

決済手数料:0.05%マイナス → ー275円

1ビット買っただけで → 137円マイナス

 

レバレッジを100にしたら、全部100倍。

指値利益:0.025%プラス → 137円 → 13700円

決済手数料:0.05%マイナス → ー275円 → ー27500円

1ビット買っただけで → 137円マイナス → 13700円マイナス

 

レバレッジなし0.1ビット5.5万円→6.5万円で利確

5.5万円→6.5万円

手数料抜き → どうせ13.7円

1万円勝ち

 

レバレッジなし1ビット55万円→65万円で利確

55万円→65万円

手数料抜き → どうせ137円

10万円勝ち

 

レバレッジ2倍1ビット55万円→65万円で利確

投資額→55万円

110万円→130万円

手数料抜き → どうせ274円

20万円勝ち

 

レバレッジ3倍1ビット55万円→65万円で利確

投資額→55万円

165万円→195万円

手数料抜き → どうせ411円

30万円勝ち

 

レバレッジ5倍1ビット55万円→65万円で利確

投資額→55万円

275万円→325万円

手数料抜き → どうせ685円

50万円勝ち

 

レバレッジ10倍1ビット55万円→65万円で利確

投資額→55万円

550万円→650万円

手数料抜き → どうせ1370円

100万円勝ち

 

レバレッジ25倍1ビット55万円→65万円で利確

投資額→55万円

1375万円→1625万円

手数料抜き → どうせ3425円

250万円勝ち

 

レバレッジ50倍1ビット55万円→65万円で利確

投資額→55万円

2750万円→3250万円

手数料抜き → どうせ6850円

500万円勝ち

 

レバレッジ100倍1ビット55万円→65万円で利確

投資額→55万円

5500万円→6500万円

手数料抜き → どうせ13700円

1000万円勝ち

 

bitFlyer Lightning でチャート分析

スプレッド(表示価格)が開いてる取引所で買わない。

 

 

 

FX

優位性と再現性の高い売買をこなす作業であり、ポジポジ病や思考停止塩漬けなど感情を排除

スイングトレード用口座

デイトレード用口座

 

複数口座用意 → メイン口座(自分の売買ルール守る) と めちゃくちゃ口座(感情で動いてOK) に分け、メインが勝てばルールOK、めちゃくちゃが勝てばルール変更したほうがいいかも

デモ口座の使い方

デモ口座で勝てない、実弾でも勝てない = 勉強しよう

デモ口座で勝てる、実弾で勝てない = 優位性あるルールだが、リソースが足りてないかも

自分の影響下にあるトレードの要素に集中(時間、資金、体力、思考力)

・エントリー位置、イグジット位置、S/LやT/Pの設定位置、ロット数、チャートチェックタイミング

影響下にない事考えない

・チャートの動き、地政学リスク、用心発言、重要指標の結果、他人のやり方・考え方

 

先物

 

 

エンジェル投資

エンジェル投資家も人であり、現場にいなければ古い人間になる。

5年ほどすれば辞めていく人が多い。

信頼できる筋からの情報では、エンジェル投資家は増えているとのこと。

目立ってた人たちが同じタイミングで辞めてるだけ。

と、言うよりは、エンジェル投資できるようなバイアウト金額がもらえるExitバブルが5年前ぐらいにおこって、同じタイミングで小金を持った元ITスタートアップ社長が自分のITの知識を活かし、サポート&投資でさらに儲けよう(不動産より、金融より、エンジェル投資が効率良いとの判断)と一斉に動いたので、社会的な資金調達機関に見えただけで実際はただのバブル。

→ エンジェル投資家から投資を受けたい君へ

 

エンジェル投資も、ある意味インサイダー投資。

高確率で儲かるなら、不動産や金融投資などからも金が流れてくるだけ。

 

インサイダー情報活用

 

不動産

2007年には新山手線駅構想の高輪ゲートウェイの立地は確定済みで、メガバンクの法人担当は知っていたので、そこからのインサイダー情報で土地ころがしで大儲け。

 

株式

そもそもzoomの存在知った時に株買っとけよ、そういうことやで

 

毎日ビジネス分解動画お届け!三木パパ公式メルマガ

メルマガ&LINE@のご登録はこちらから

メルマガ&LINE@でしか公開していない
動画を受け取る場合はこちらよりご登録ください。

友だち追加

2020年も大人気のサービス3選!

LINEでそれぞれの解説してますのでぜひ登録を!

1.仕入れ卸問屋のバイヤーズ

2.毎月最低10万円を目指す会

3.輸入保管販売宅配代行(丸投げ)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
三木高広

(株)メルクリ 代表取締役 三木高広

平成元年2月生まれ 兵庫県伊丹市出身 4人兄弟の長男 2009年にデパ地下の弁当屋さんに勤めながら起業 → プロフィールはこちらをクリック

-400億おじさん

Copyright© 400億の仕組み by 三木高広 , 2020 All Rights Reserved.