三木高広

ヤフーショッピング販売ページ作成

ヤフーショッピング販売ページ作成

1:商品登録の最適化

SEOアルゴリズム(上位表示ルール)

見やすさを意識する

各販路の規約を遵守する必要がありますが

【 視覚的 】な " 文字 " の見やすさ → スペース で 区切る 、文字種類(ひらがな、カタカナ、英数字、漢字、大文字小文字、句読点、てにおは、文字数を削ぎ落とす)、相手の文脈で語る

1.商品名、商品コード、キャッチコピー、商品情報、JAN・ISBNコード、製品コード、ブランドコード、プロダクトカテゴリ

1.キャッチコピー 2.商品名 3.商品情報(「商品情報」に最も情報いれれるので、商品説明、関連ワード、スペック、検索対策で商品名にいれれなかったキーワード全部入れる。)

  • 商品名は先頭にいくほど強い
  • 関連ワードを商品名に入れる
  • 複合ワードはより近いほうが加点
  • 記号は入れない。♪、☆【】!など
  • スペースを空ける時は半角スペース
  • 画像は3枚以上
  • 「プロダクトカテゴリ」キーワードとマッチしてれば加点。検索対象になるカテゴリを選ぶ。それ以外は検索結果に表示されない。

カゴ落ちを防ぐ設定

ショッピングカートでの入力項目をできるだけ減らす

・ご請求先

・お届け先

・カード名義人のカタカナ入力を表示しない

・生年月日

・請求先の所属

・日時指定時間指定を表示

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Avatar photo

三木高広

なんでも聞いてください。経験や、友人へ聞いたり、調べたりして解答します!

-三木高広